子供の自立支援 PR

【2歳3歳】自分で履きやすい靴10選!靴が履けない子へのサポート方法も解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

子供が歩き始めたら必要になるのが靴です。個人差はありますが、1歳半~2歳半頃には自分で靴を履く事が出来るようになります。しかし、3歳になってもなかなか履けないお子様と出会う事もあります。

今回は幼児教室で実際に行っている、お子様が一人で靴を履けるようになる方法をお伝えします。また、沢山の生徒さん達の靴を見て来た経験、自分の娘の靴選びの際に収集した情報から、おすすめの運動靴を紹介します。

えっこ

幼児教育や知育を行う上で、欠かせないのが「生活習慣の練習」を行い「自立をすすめる」事。自立は賢さのベースとなるので、本人が自分で履けるように導いてあげましょう。

最初は大人が履かせる方が正直ラクです。しかし「まだ小さいし…」「時間が無いし…」といつも履かせてしまうのは要注意。自分で履かなくなります。

2歳からの靴の選び方

体のために大切にしたい事

子供の靴選びで大切にしておきたいことがあります。正しい歩行の体得や、土踏まずの形成、健康な姿勢発達を促してくれる靴を選ぶことです。

また、骨の柔らかい子供の足は簡単に変形してしまうので、足に合った正しい靴を選んであげる事も重要です。

体のために大事なポイント
  • 足の形に合っている
  • 踵をしっかりホールドできる
  • つま先が自然に曲がる
  • 歩くための捨て寸(つま先に0.5~1cm程度のゆとり)がある

足の形は個性が豊かです。幅の広さや、甲の高さ等によっては、選べないメーカーも出てくるので注意が必要です。必ず実物を履いてから購入しましょう。

また、足のサイズもすぐに大きくなるので、こまめな確認が大事です。中敷きに合わせてチェックする方法もありますが、フットメジャーも便利です。

教育的に大切にしたい事

幼児教育という観点では、「自分で出来た!」の得られる、履きやすい靴を用意してあげたいです。

自立を応援してくれる、自分で履きやすい運動靴の特徴はこちら。

履きやすさのポイント
  • 履き口がガバっと開く
  • 踵にプルタブがついている
  • ベロが迷子にならない
  • 扱いやすいマジックテープが一本

※プルタブは、小さいものでもOK!紐を通してループを付ける事で履きやすい靴にしてあげる事ができます。(プルタブがなければ紐を縫い付ける事でも解決できます。)

サイズや形が我が子の足に合ったもので、なるべくこの条件をクリアしているものを選んであげましょう。

2歳3歳が自分で履きやすい靴10選

ちぇっこ

ここからは、実際に生徒さんや娘が使っていて、良かった靴を紹介致します。

ミズノ プレモア インファント

2021年3月に発売となった、ミズノのキッズシューズです。「子どものできた!を引き出すシューズ」というコンセプトで作られた、自立支援にもピッタリの靴です。ベロとベルトが一体化しているので、広い履き口が確保できますね。

IFME patto メッシュベビースニーカー

IFMEの特徴、かかとのプルタブは位置・大きさ共に素晴らしいです。(上履きにも付いています。)こちらもベロとベルトが一体型ですが幅が広めです。インソール・ソール共に工夫されており、健康面・自立面の両方を応援してくれます。

ムーンスター Carrot CR2175

マジックテープは2本で下からしっかり締めるのが好ましい…とシューフィッターさんによく言われたました。ただ、親が履かせるなら簡単ですが、2~3歳児にはハードルが高いですよね。こちらの靴は2本が一体化したベルトになっています。

IFME キッズスニーカー 30-0807

こちらも2本が一体化したベルトですね。イフミーなので甲高・幅広さん向け、素晴らしいプルタブ付き、工夫されたインソールが入っています。ベロの片側が固定されているので、がばっと開きやすい他、ベロが子供の足と一緒に中に入り込む事がありません。

アシックス SUKU2 アイダホベビー

履き口がガバッと開くので、足が入れやすいです。また、マジックテープにもループが付いているので、手指の筋力が弱いお子様にも優しい設計です。引っ張りながら留める練習も捗りますね。

ムーンスターキッズ MS C2121

こちらは細身~普通の子向けです。ベロの片方が固定されており、足と一緒に入り込みません。インソールには3種類の異素材が使われており、つま先部分の屈曲性が高く、踵もしっかりホールド。土踏まず形成のサポートをしてくれます。

ナイキ ダイナモフリー

マジックテープが上手く扱えない2歳さんには、スリッポンもおすすめです。よく伸びフィットする設計。大きなプルタブを指で引っ掛けるとさっと履けます。教室で一番に履ける子は大体この靴を履いています。お外遊びをしていても意外と脱げません。

ニューバランス スリッポン PT996S

ニューバランスの細身タイプである996シリーズです。マジックテープの996を履いている子が多いですが、スリッポンもあります。こちらも、スッと履けるのに、外で走らせても脱げません。

意欲UP!キャラクターで選ぶ

靴を履く事に全く興味を持ってくれない場合、大好きなものがモチーフとなっている靴を選ぶ事で「履きたい!」「自分で履く!」という気持ちになってくれることもあります。

それいけ!アンパンマンのキャラクターシューズ MOONSTAR

IFMEの新幹線デザインや、ムーンスターのアンパンマンシリーズなど、信頼できるメーカーからも子供が喜びそうなデザインが販売されています。一緒に買いに行っても大喜びしそうですね。

ちぇっこ

いかに自分から「やりたい!」って思わせられるかが鍵だね!

各シューズメーカーによって、大きさ表記(cm)・サイズ表記(EE等)などはバラ付きがあります。また、幅広・幅狭等の個性もある為、表記に頼りすぎず、試着をして判断しましょう。

靴が自分で履けるサポート方法

かかとのループをチェック

プルタブのある靴でも、さらに指が引っ掛けやすいループを付けてあげるで、かかとがぐっと入れやすくなります。(プルタブが無い場合は縫い付けてあげましょう。)

つま先を少し入れたら、紐をひっぱるだけで履けるのが理想です。IFMEのプルタブがその設計です。

娘のムーンスターにも紐を付けていました。

最近では100円ショップにも靴用のタグが販売されていますね。

ゴム製の上靴タグもありますが、伸びる事でかかとに直で力が加わらない為、プラスチックや紐などの伸びない素材がおすすめです。百均のつづり紐でも十分です。

左右が分かる目印を付ける

左右反対に履いてしまう事も本当に多いです。せっかく頑張って履こうとしているのに「右と左が違うよ!」と水を差すと、せっかくのやる気がしぼんでしまう事も。

そこで、おすすめしたいのが、左右の靴の内側に目印を付ける事です。
以下の写真のように、マークとマークをくっつけると左右正しく置く事ができます。

娘の運動靴には、写真の位置に、水に強いハートのシールを貼っていました。私の勤める幼児教室では、赤い油性マジックで★を描いています。

印を合わせて置く事を教えると低月齢の子でも上手に置く事ができますよ。

また、靴底に絵合わせが出来るようなイラストを描いてあげる、シールを貼る、インソールを使うという方法もあります。但し、発達度合いによっては、絵合わせが出来ない場合もあります。

靴底の目印には難点があります。間違って履いても見た目で気づけない事です。子供は足が柔らかく、窮屈でも左右逆なことに気が付きません。

マークがあれば、「外側にマークがあるのはおかしいな。」と視覚的に判断できるのでおすすめです。

玄関に小さな椅子を置く

段差の無い玄関ですと、膝をしっかり上げて足を浮かせなければ、靴に足を入れる事ができません。また、角度的にも難しくなってしまいます。

玄関に子供用の椅子を置くと、つま先が靴の奥まで入れやすくなります。靴に慣れるまでは椅子を置いてあげたいですね。

HOPPL (ホップル) コロコロ チェア (ColoColo Chair) ナチュラル

自分で履けるよう導く手順

靴や環境の準備が整ったら、自分で履けるように促していきましょう。子供自らが「出かけたい!」と思っている時がチャンスです。

ちぇっこ

教室では「お外でしゃぼん玉しよう♪」「水遊びしに行こう☆」と、お出掛けしたくなるようなシチュエーション作りから始めるよ。

今までずっと靴を履かせて貰っていたのに「突然一人で履きなさい。」と言われると、子供は戸惑ってしまいます。「2歳のお兄さん(お姉さん)だからきっと履けるよ!」と誘い、以下の手順で徐々にステップアップしていきましょう。

教え方5つのステップ

親が幼児に何かを教える事全般に共通する事ですが、「まず見せる→やってみようか」という流れで進めます。

  1. マジックテープをはがす
  2. 履き口を広げる
  3. つま先まで足を入れる
  4. かかとをひっぱる
  5. マジックテープを閉じる

玄関で向かい合ったら、マジックテープを見せて「お靴履くからペリペリ取るよ~」とはがすところを見せます。その後「〇〇ちゃんもペリペリ取ってみようか。」と声を掛けて渡します。

次のステップで履き口を広げる事を教えましょう。広がったらつま先を入れ、かかとのループを引っ張ります。

最後に「ペリペリぱったんしてみようか」と声を掛けます。2歳頃までは閉じられただけで合格!(景色が変わってからこっそり締め直してあげて下さい。)3歳からは引っ張って留める練習をします。

「~しなさい」という指示・命令形はNG。「~しよう」(Let’s)を使います。また、親が教えようとすると子供は嫌がります。「自分からやりたい」ように仕向ける事が大切です。

具体的に褒める

褒め方は具体的に「ペリペリ剥がせたね!」「つま先が入ったね!」「かかとが入れられたね!」「パッタン出来たね!」と出来た事を口にしましょう。

一人で履けたら、がんばりシールをあげて気持ちを盛り上げてあげるのも効果的です。

もし「自分で履きたい」と主張して来た場合は、自己主張を尊重し、子供が自分で取組む時間を与えるが重要です。(子供が靴と格闘している間にママバッグやアウターを用意する等。)

えっこ

一人で履けた時には、口だけではなく、抱きしめて褒めてあげましょう。

履けない時の対処法

子供が一人でできない時、イライラしてグズる場面や、ボーっと何もしなくなるシーンが見られます。

それを受けて、やってあげる…を繰り返すと「こうすれば解決する!」と学習します。すると出来ない事がある度にぐずったり、いつか誰かがやってくれるのを待つようになったり…と、悪い循環が起こります。

「出来ない時は、にこにこしながら『やって』と言ってごらん?」と、自分から能動的に助けを求める事を教えておきましょう。

えっこ

子供が「やって」と言って来た時には、文字通りやってあげるのではなく、どこで躓いているのかを確認し、履き方(上記のステップ)を再度伝え、一緒にやってみせてあげましょう。

色んな工夫をしてみても、関心が無い時は決して無理強いする必要はありません。一度忘れて、1か月後に再度声を掛けてみましょう。

靴選びの問題点

実は、健康な足の成長と履きやすさ…なかなか両立しないのが現実です。そこで、おすすめしたいのは、時期に合わせて靴の選び方を変える事です。

歩き始めは足や姿勢が正しく成長できる靴かどうかを最優先に考えます。自我が芽生えて自分で履きたいそぶりを見せたら、又は2歳前後からは自分で履ける事を大事に

えっこ

自分で靴を履く事が当たり前の生活習慣として身に付いたら、再び身体の発達を重視して靴選びを行います。特に3歳頃からは、土踏まずの形成をサポートしてくれる靴を選びたいですね。

スリッポンかマジックテープか

スリッポン・マジックテープ…それぞれのタイプにメリットとデメリットがあります。
健康な足の成長と履きやすさとはなかなか共存しないので、それぞれの特徴を抑えた上で、どのポイントをどの程度優先させるか、今のお子様の状態に合わせて選んであげると良いかと思います。

スリッポンのメリット・デメリット

2歳ですと3〜4ヶ月で履き替えるので、自信がつくまではスリッポンを選ぶのも一つだと思います。靴が履けない劣等感から園生活が億劫になる場合もあります。

  • とにかく履きやすい
  • 「自分で出来る」が増える
  • 自立を促せる
  • 自己完結できると園で困らない
  • 幼稚園受験対策にもなる
  • フィットが不十分
  • つま先が前に詰まる
  • 健康的な足の成長に良くない
  • 甲の低い子はフィットしない

スリッポンは「脱げやすい」という意見もあります。しかし、こちらのプレスクールではお外遊びでかなり走らせますが、ダイナモフリーとNB996スリッポンで脱げている子を見た事がありません。

細身の娘でも脱げませんでした。(マジックテープのNB996の方がよっぽどよく脱げた。)

マジックテープのメリット・デメリット

  • マジックテープは微調整可能。
  • 個々の足にしっかりフィットする。
  • 正しく履く事で健康な発達を促してくれる。
  • 1~2歳児は剥がしにくい。
  • 引っ張りながら留めるのは2~3歳児には難しい。
  • 自分で履けても、後から直されると意欲の低下を招く。
  • 園で正しく履いているのか不明。
  • テープが緩いと脱げる・転ぶ。

マジックテープが健康な姿勢発達には良いのですが、正しく履けなければ意味が無いのです。一人では扱いづらいため、子供自身に任せたままでは脱げてしまう事も多いのが実情です。

さらに、子供は賢い為、毎回親が直していると「(どうせママがやるなら最初から)やって~」と自分で履こうとしなくなります。また、入園先でマジックテープを先生が一人一人直してくれるとは限りません。

靴を複数持つという選択

お子様の状態で、履きやすさに振り切る事が必要な場合もありますし、変形(内反小趾など)の不安を強く感じられるのであれば、マジックテープを選択され、正しく履く工夫をされた方が良いと思います。

妥協できない…という場合、マジックテープとスリッポン両方持っておく事も一つの方法です。

えっこ

私も2足用意し、歩く目的が短距離移動の場合はスリッポン、しっかり外遊びをする時にはマジックテープの靴…と使い分けていました。

おわりに

大人からすると「靴ぐらいで?」「そのうち履けるでしょ?」と思われるかもしれませんが、靴が原因で園や教室に行くことが億劫になる…という事も往々にしてあります。

2歳だとまだまだかわいく、赤ちゃんの延長のように見えてしまうかもしれませんが、出来る事は沢山あります。

そして、「自分でやろう!」と頑張る時、頭は大きく発達します。少しずつ、出来ることを増やし、自信を持って集団生活に入っていけるようサポートしてあげましょう。

幼稚園受験では、玄関で靴の脱ぎ履きを見られたり、子供の試験で上履きの脱着ができるかを確認される事もあります。普段から自分の事は自分で行う習慣を大事にしましょう。

えっこ

私も応援しています!

自立支援にはモンテッソーリの考え方が役に立ちます。「ママ、ひとりでするのを手伝ってね!」というタイトルがすべてを物語っていますね。こちらの書籍はおうちですぐにでも実践できることが書かれているので、参考になりますよ。

【2歳3歳】一人で上履きが履けるようになるサポート方法とおすすめ6選【2024年】2歳3歳上履きの選び方と教え方。幼児教室で行っている、一人で履けるようになる工夫とサポート方法を公開しています。初めての集団生活や幼稚園受験にも!...